• RecVee
  • FUNLUCE
  • CCL通信
  • くるま旅
  • JRVA
  • RVPARK
  • 道の駅
  • スーパー銭湯全国検索
  • 全国オートキャンプ場ガイド
2016-03-28 :

何年か前に、私がキャンピングカーについて語った対談 (再稿)

 以前、私と自動車週報社(キャンピングカースーパーガイド出稿)の町田編集長との対談形式で出稿された事があり、その内容が日ごろ口にはしても自分で書くには長すぎて、今回編集長にお願いして、このブログに出稿させてもらう事にした 
 (長いぞ~・・・)



テーマは

「キャンピングカーのポテンシャル」


【増田】 キャンピングカーって、「物」 じゃないんですよ。「物」 として扱ってしまうと、「じゃ、要らないから手放そう」 となってしまう
 しかし、キャンピングカーは 「物」 ではなくて、「価値」 なのね。価値である限り、人は手放すことができない
 つまり、人に今の時代をどう暮らしたらいいのか。それを気づかせてくれるてくれる空間だろうし、人間関係が壊れていきそうな社会の中で 「人のつながり」 、「家族の温かみ」 を深めてくれる時間作りのできる場所だろうと思っているんですよ



《 不況は地球の命を延ばした? 》

【町田】 「これからの時代をどう過ごせばいいのか」 という課題に対し、キャンピングカーが教えてくれるものって何でしょう?

【増田】 今の世界的な不況をどう捉えるか、という問題と関連するんですけれど、従来どおり 「経済成長」 を目的とする視点で見てしまうと、マイナスですよね 
 しかし、地球温暖化を促進する二酸化炭素 (CO2) の排出を抑制することに視点を合わせると、違った見え方も出てくるでしょ
 二酸化炭素の排出量を少なくする、…いわゆる 「低炭素社会」 ですよね。今まさに人類はそういう社会を目指さねばならないのだし、限られた石油資源を大切に扱い、かつ石油に替わるエネルギー資源の開発速度を早めるためにもね、今回の “世界不況” は、意味のないことではない、と思っているんですよ

【町田】 確かに、企業はモノが売れないことで悩みもがいて、メーカーは減産を行ってきているけれど、その分 「低炭素化」 は進み、資源も温存された…と
 皮肉だけれど、どちらが人間にとっていいのか、判断のむずかしいところですね

【増田】 もちろん、低炭素化社会の実現と産業の振興というのは、国家や企業が真剣に取り組む問題でしょうけれど、僕ら消費者だって、日常生活のなかでそういう問題を考える必要があるよね
 そういう意味ではキャンピングカーライフは既にエコライフをしてますよね

【町田】 なるほど! キャンピングカーって 「贅沢なクルマ」 だと思われがちですけれど、使ってみると分かるんですが、あれほど 「無駄を省け!」 とやかましく訴えてくるクルマって、他にないですものね
 タンクに積んだ水だって無尽蔵ではない。だから歯を磨きながら、蛇口を閉める
 電気を使うときも、常にバッテリーの状況をチェックしなければならないし、ガスだっていつも充填を意識していなければならない
 本当にキャンピングカーライフは、低炭素社会を生き抜くときのいい 「手本」 になりますね



《 リユースとリフォームの時代 》

【増田】 でしょ。…それに、キャンピングカーそのものが、「使い捨て」 ではなくて、「リユース」 を促進するような特徴を持っているんですね
 キャンピングカーって、1台のサイクルがだいたい15年~20年ぐらいだと言われているんですよ。走るよりも滞在型のクルマなので、走行距離もそんなに伸びない
 そのため駆動系の傷みが遅い。だから何人かのオーナーに愛され続ける
 そこで、家具のキズを貼り直すとか、シートや壁を張り替えるという作業を加えれば、長く乗り続けることができるんですね
 もちろん、新車が売れてくれた方が僕らにとってはありがたいけれど、自動車メーカーのように、毎日ラインに乗って何千台と出荷される商品ではないので、在庫調整の幅を持てる
 また、自動車メーカーさんにはできないけれど、僕らは、ユーザーさんが今乗っているクルマの 「リフォーム部門」 を充実させるというビジネスモデルも構築できるしね

【町田】 確かに、リユース、リフォームという考え方は大事ですよね。今まではあまりにも 「使い捨て文化」 が蔓延し過ぎていましたものね

【増田】 そう、たとえば、トースターとか電子レンジ、冷蔵庫のような一般的な家電だって、まだ十分使えるにもかかわらず、どんどん使い捨てにして、新しい製品に買い替えてきたわけですよね
 今は、そういう消費構造を問い直すいい時期だと思うんですよ

【町田】 いつ頃からか、自動車も家電の修理だって、ちょっと不具合が出るとアッセンブリー交換が主流になっていましたものね

【増田】 そうですね。…結局、人件費が高くなっちゃったからでしょうね。修理するとなると、専門家が出向いて、時間をかけて調べて、不具合なパーツを取り出して直す
 それだと、よけいな時間と労力がかかる
 …というわけで、ユニットごと交換しちゃえば安いし楽だ、という発想が生まれてきたわけですね
 だけど、アッシー交換て 「100のパーツの中の一つがダメになっただけで、正常に機能している残りの99を捨ててしまう」 ということになるわけでしょ

【町田】 すごい資源の無駄使いですよね

【増田】 幸いキャンピングカーはほとんど手作り商品なので、ブラックボックスのようなものもないんですよ。だから修理するときも、それほど高度な技術もいらない

【町田】 構造的にも 「低炭素社会」 に適合する商品というわけですね



《 豊かな社会を実現した江戸時代 》

【増田】 結局、働き過ぎて余剰なものをつくり過ぎてしまい、その余剰なものをさばくために、さらに歯を食いしばって売らねばならない…という労働サイクルを見直す時期に来たんでしょうね
 日本人は今は8時間労働が当たり前になって、さらにサービス残業などを繰り返して10時間を超える労働に勤しんでいますけれど、江戸時代に働いていた大工さんとか職人さんとかの労働時間というのは、だいだい4~5時間だといわれているんですよ
 武士だって、3日に1日お城務めすれば、後は 「精神修養」 といって家で読書したり、「武芸の鍛錬」 とかいって、木刀振ってスポーツしているだけなんです


【町田】 江戸時代の人々は、「何時になったから何をしよう」 という意識などもっていなかったといいますよね
 ある意味、気ままに自分の時間を決めていた
 確かに、生産性は低かったかもしれないけれど、精神性は豊かだったという見方ができますね

【増田】 そうですよね。「江戸時代」 というと、今までは産業も文化もドロンと停滞していた時代だと思われがちでしたけれど、300年も平和が続いた国なんて、あの当時、世界のどこにもなかったわけで、そのおかげで、ものすごく文化的には洗練されたわけでしょ

【町田】 浮世絵みたいに、世界のアートを刺激するほどの文化が生まれたのも、平和が続いたことで、庶民の審美眼が研ぎ澄まされたことの結果ですものね

【増田】 生け花、茶道、剣道。今にも残る日本文化というのは、みなあの時代に熟成したものだもんね。
 今 「持続できる社会」 という意味で、「ロハス」 という言葉を使いたがるけれど、江戸時代の方がよっぽどロハスですよ
 日本は、西洋が産業革命に振り回されていた時代に、すでに 「低炭素社会」 を実現していたのね

そして生めよ増やせよの労働者増やしもしてないので人口も横ばい 人類の最適交配を繰り返していたんだよね



《 若者のクルマ離れの意味 》

【町田】 で、今回の世界的な不況は、日本人がそういうことを思い浮かべるいいチャンスになると?

【増田】 これからは1日4時間しか働かないとか、給料が20万だったら、10万で生活していくとか。好むと好まざるにかかわらず、そういう生活に方向転換するように、神様がハンドルを切ったのではないかな
 確かにこの不況は、人々の生活に閉鎖感も不安感ももたらしたけれど、一方では確実に、低酸素社会の実現に結びついたわけでしょ
 結果的にこの不況は、地球破壊を2割ぐらいほど押し止めることになったように思うんですね

【町田】 そういうふうに考えると、「若者のクルマ離れ」 とか 「モノを買わない若者」 というのも意味があることなのかしら?

【増田】 「物があれば豊かな人生を送れる」 という考え方が必ずしも正しくないことに、今の若い子たちは気づいたのかもしれないね
 たとえばね、若い子に 「これあげようか」 と言っても、今の子たちはものすごくシビアな価値観を持っていて、自分にとって必要のないものは、はっきり 「要らない」 っていうんですよ
 極端な話 「クルマをあげようか」 といっても、自分には不要と決めてれば、「いいです」 と断ってくるのね
 彼らの物質欲の少なさには驚かされるばかり
 団塊の世代といわれる僕たちの方が、この年に成ってもまだモノやカネに対する執着心って強いよね

【町田】 無意識のうちに、彼らは 「低炭素社会」 の到来に向けて準備していると?

【増田】 本当にそうかもしれないと思うことがあるんですよ
 明治のはじめに3千万人ぐらいだった日本の人口が、たった100年の間に1億人増えて、今では1億3千万人になったわけでしょ
 日本だけでなく、中国もロシアもこの100年のうちに、石油エネルギーを使って、二酸化炭素を放出する人々の数を何倍も増やしてしまったわけですね
 これじゃあ地球が持つわけないんでね
 だから、日本の若者の物質欲が薄れてきたり、さらに世界に率先して少子化になってきたりという現象は、むしろ人類が生き延びるための智恵だったりするのかもしれない

【町田】 少子化を 「滅びへの第一歩」 と捉える人の方が多いですけどね

【増田】 だけど、生命の遺伝子情報には、すべて 「生きのびよ」 という “盲目的な意志” が書き込まれているわけだから、少子化といったって、それは 「人類」 が滅亡するためのシナリオとは限らないじゃないですか
 むしろ生き延びるためには、「少子化」 という選択肢も必要だということなのかもしれない
 とにかく、これからの社会では、今までプラスが当たり前と思われていたものの多くがマイナスに転じていくことを覚悟しなければならないでしょうね
 人口も減る。所得も減る。お父ちゃんの小づかいも減る。マグロも食べられなくなるとかね (笑)



《 文化にお金を払う時代 》

【町田】 そのマイナスを 「苦痛」 だと思ってはいけないと…

【増田】 そう。経済成長が全体的に鈍化したとしても、文化的な産業は伸びる可能性があるわけで、江戸時代の人々はそれを実践していたわけでしょ
 彼らは不動産や株に投資しなくても、歌舞伎の観賞や祭りにはふんだんにお金を使っていたわけで、「粋」 っていう精神構造はそこから生まれてきたんだものね

【町田】 そうですよね。これからは 「何にお金を使うか」 ということで、その人の価値観とか存在感が問われるようになるんでしょうね

【増田】 だから 「キャンピングカーの出番」 なんですよ
 なんたって、キャンピングカーのコンセプトには、「自然の中でゆっくりくつろぐ」 ところにあるわけでしょ
 そういう自然に親しむ生活の中から、低炭素社会へ向かう筋道が思い浮かんでくるわけですよね
 この前、アウトドア・ジャーナリストの中村達 (とおる) さんという方と話す機会があったんですが、その人が言うには、「自然を大事にする」 とか 「自然に親しむ」 という気持ちに成れるのは、子供の時にどれだけ親、友人とに自然に接する事ができたかなんだよね

【町田】 分かりますね。キャンプ好きのお父さんの子供は、キャンプ好きになる

【増田】 僕だって、キャンピングカーの仕事に携わるようになったのは、子供の頃にボーイスカウトに入って、自然と親しんできたからなんですよ
 結局 「木々の緑は美しいよね」 というような感情は、親が子供に実物の木々中で過すことによって形成されるんですね
 …ということはね、もうキャンピングカーって 「文化」 なんですよ。子供の感受性を刺激するための冒険基地なのね

【町田】 大人同士だって、生まれ変わりますよね。シニア夫婦だってキャンピングカーに乗って、山の温泉やキャンプ場に行って、心ゆくまで自然を楽しんだりすれば、改めてお互いの価値を見直すことができるようになりますよね

【増田】 見えないものの価値、まさに 「文化」 とはそういうことをいうんだろうね

・・・ 完読有難うございました ・・・







2016-03-05 :

シャープの買収劇で思い出した昔のブログ  記念すべき500話

 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業によるシャープの買収は、シャープ取締役会が決議した条件の変更が検討される可能性がある。両社は買収成立へ向け先週末も協議した(新聞記事切り抜き)

 この記事を読み、以前にこのブログで取り上げた弊社のキャンプ大会に偶然持ち込まれた古新聞の広告を思い出した

それは、ちょうど私が生まれる直前か、間もない頃の古い新聞だった

なぜキャンプ大会に古新聞かといえば、日本RV協会が東日本支援の為に行っている援助金集めの一環としてレクビイの社長が、近所の廃蔵から頂き持ち込んだ、即売会用の骨董品を包んでいた緩衝材に使われていた古新聞だったのだ

(クリック ドウゾ)
DSC01476_convert_20111121084642.jpg DSC01477_convert_20111121090456.jpg DSC01475_convert_20111121084605.jpg


日付のアップを見ると昭和25年8月9日水曜日の中部日本新聞夕刊である(私が生まれる1年前の記事だ)

当時、父親方の祖父は新聞記者を引退していたが、叔父が中部日本新聞社{いまの中日新聞社}に記者として勤めていた時期なので興味深い物だった

記事の内容は朝鮮半島で繰り広げられている戦争に関するニュースが目立ち、「米軍増援隊さらに上陸」「火炎戦車初の出動」などの軍事記事だ

朝鮮戦争が日本に特需をもたらしたのは知ってはいたが、この記事を目の当たりにして、時間のもたらす忘却効果に改めて気づかされた

その第一面の下(右の写真)には「仁丹友の会誕生100万人会員募集」の広告

その内容は「仁丹愛用者と永久に結ぶ親睦と奉仕を目的としたほかに例のない画期的な会であります」と書かれてある

永久と書かれているこの「仁丹友の会」65年後の今どうなっているのかな~

100万人x(1口100円)=1億円どうしたのかな?。誰かのポケットに入っちゃたのかな~

昔はよくおじさんたちが何やら「仁丹」なる銀色の粒をほうばっていたけどね。そういう人と話をすると呼気が仁丹臭かったのを今でも覚えている

それとは別に木箱で使われていた古新聞の方は面白い広告満載だった

昭和29年2月27日土曜日の朝刊を破って使ってあった。それがコレダ

DSC01478_convert_20111121090425.jpg DSC01473_convert_20111121084504.jpg DSC01481_convert_20111121104146.jpg

愛知トヨタ自動車の広告を見るとトヨペット「セダン5人乗 48馬力 28馬力」 なんて書いてある。何とプアーなエンジンだったのだろう。「28馬力!」って坂、登れたの?

キャッチコピーには「社会にたのしい足を」だ。 イラストも素人だってもう少し上手に描けそうな絵だ

この頃は「トヨタ」がトラック&バスと「トヨペット」がセダンを担当し販売店は一緒だったんだなァ

右の写真はスゴイぞ! ライオン歯磨の広告で「アメリカへ空の旅御招待!」ときて、トニー谷が 「チュウブを買って 抽せん当りやアメリカ見物 OKざんす ジス・イズ 全たく ベリグウざんす」とくる

アメリカへご招待「又は賞金70万円」ハワイから始まりニューヨークまでの21日間の大旅行だからスゴイ

驚く事に、この広告ではすでに「ギャランティ」なんて英単語が使われているのにはビックリ

しかし、これらもスゴイぞ 

DSC01479_convert_20111121104412.jpg DSC01480_convert_20111121104347.jpg

左の写真だが、確か去年あたり撤退した部門、東芝の「マツダ」の電球で、「二重コイル」だ!60ワットだ! 各ワット65円って広告だ

今から見ると、たかが電球ごときにこんなに立派な広告宣伝してたのにはおどろく

この時代に、誰が東芝が電球部門から撤退するなどと考えただろうか?

60年間という時がニーズを変えていくさまを感じられずにはいられない

そして今回の古新聞シリーズで、一番の驚きの広告が右の写真だった

米国レイセオン会社製ブラウン管使用「七欧のテレビジョン」とか、光自転車オートバイ,素晴らしい性能タスモーターってのも気になるが

ここで登場するのが今回タイトルの早川電機工業の「シャープテレビ」のものだ

3月1日からNHK名古屋テレビ開局って書いてある。2月27日の新聞なので前々日の新聞広告って事になる へえ~61年前の3月からテレビ放送が始まったのか。 知らなかったヮ~

「近代人の夢が実現しました。これからの御家庭の一家だんらんの中心・・テレビを囲んで明るく愉しいひと時を・・シャープテレビは外国製品より優れた性能 買いやすいお手頃の価格・・・」

この頃のテレビは既に、外国製品と競争してたんだ.。シャープさんゴメンナサイ。私はシャープは白物家電屋思ってた

まさか60年以上以前からテレビで海外製品と競争してるとは、夢にも思わなかった

しかもその価格が驚きだ 

14インチが145000円 17インチが155000円

お手頃? (おそらく輸入品に比べてだろう)  そこで、これを見てみよう

 キャプチャ

当時の物価指数を比べると今の1/8だから8倍すると14インチが116万円相当の超高級品家電だ

今現在116万円も出してTVを買う人がいるかね? 月収なら3~4ヶ月分だ

これを見ると「AII WAYS三丁目の夕日」で鈴木モータースにテレビが到着した時の大げさなシーンが目に浮かぶが、116万円もしたなら当然だったんだ

多くの人たちが液晶テレビを早めに買いすぎて、現在のあまりにもの安さにがっかりしているだろうが、60年前に14インチの白黒テレビを120万円あまりも出して買った人に比べれば、これを知って「何のこれしき」って、落ち込みから抜き出せそうな広告だ!

60年前に地アナが始まった時の新聞広告を、地アナが終了した年に、偶然キャンプ大会で見つけた

私の格言 まさに「不思議とまさかは普通の隣にある」だ!

ここでチョット話を戻すとライオン歯磨の景品、アメリカ旅行か、又は70万円かだったよね。って事は、アメリカ旅行が70万x8=560万円もしたんだ

今調べたら、HISのロスへの往復航空券が17000円って価格、一体どうなってるの?

仁丹だって今の価値で8億円集めた事になる.。まァ100万人集まったかどうかは知らないけどね

こうして見ると今はいい時代で良い品物や海外旅行が安くゲットできる

感謝しなきゃって事で  023_convert_20111107095003.jpg





PS.

6年近く書き込んできました当ブログ。皆さまのご支援で、お陰さまで今回500話まで続けさせていただきました事をここで厚く御礼申し上げます

さすがに500話まで来るとネタも尽きて書き出しに困る事も多くなり、今回も前回も前々回も昔のブログの焼き直しになってしまう始末

又、今月は12~13日と26~27日と名古屋&大阪でのキャンピングカーショー、それに加えて弊社の2店舗の移転OPENの準備と実施をとり行う予定で爆忙の月になる予定

そこで今回のこの500話の区切りで暫くの間、休稿させていただく事にしました。そのうちに再開しますので身勝手だとは承知の上よろしくお願い申し上げます

逕サ蜒・028_convert_20110615102614 逕サ蜒・027_convert_20110615105012










2016-02-29 :

今日は、拾ったような一日か?  499話

 今年はうるう年で1日多く29日迄ある。今日がその日で、それでも1月と比べると2日少ない

 月給取りのサラリーマンは一日多く働く日が増え損する月?

 賃貸で家賃を払ってる人は一日多く家が借りられるので得する月?

そもそも、何で2月の1ヶ月は28日なの? ッて思うよね。そこでその真相をおさらいしてみよう

今から2000年以上前のローマの独裁官ユリアス・シーザーの時代では1年が365,242日って事が既に分っていた

そこで、偶数月を30日,奇数月を31日としたが、足すと366日になるので、当時の年末、2月で調整し、平年は29日,うるう年は30日とした

まァここまでは分るわな~。しかし次の初代ローマ皇帝は自分の誕生月の8月が30日しかないのが気にくわず、調整月の2月から1日持ってきて8月は31日、2月の平年は28日とした

8月の31日は2月29日を1日盗んだって日になのだ!

それで、9月から30日の月が一月づつずれる事に成った

(30日が月末月を、西向く侍 2,4,6,9、士(サムライ)と覚えた)

いきさつを知ると、「コラコラおっさん!勝手にそんな事すなよ!」って感じだが、勝手に1年のカレンダーを創ってしまい現在に至ってる訳だ

31日の月も有るわけだからそれを減らして(30日を増やす)調整すれば28日も29日も無く、3日も少ない月を無くす事ができたのにな

今更ぼやいてもしょうがないか!ところで、新しいことわざで、1月は行く、2月は逃げる、3月は去る って聞くよね!

1月は正月などで、2月は28日しかなく、3月は年度末でバタバタ!

(2月の一日が8月へ逃げたという意味ではない)

1のいで行く、2のにで逃げる、3のさで去るの語呂合わせだが、あッと言う間に日が経つって事だ

うまい事言ったものだ! まさにこの時期昼も短いせいかあツという間に日が過ぎる

今日は拾ったような一日だ! さァ~どうやって一日を過ごそうかな






2016-02-23 :

暖冬は有難いが、冬は冬らしく寒い日も良し   498話

名古屋ではあさってあたりに又、氷点下の寒波が来ると予想されている。そこで今回は気温について改めて考察してみよう

摂氏0度以下の事を氷点下って言うよね。この0℃以下になると、水が凍りだすので氷点下って言うのは常識だよね

しかし厳密には、0℃は厳密には水が凍りだす温度ではなく、氷が溶け出す温度を示す

じゃ、米国が使う華氏(°F) だと氷点下って何度? だけどこれがややこしい事に32°Fだ

下の写真クリックして拡大して見ると、確かに0℃は32°Fだよね

DSC02226_convert_20120203122903.jpg

°CのCは セルシウス (スウェーデン人で1742年に°Cを提唱) のCで中国読みで摂氏 (せっし) と呼び、1気圧における氷の融点を0℃、水の沸点を100℃とし、その間を100等分した目安だ

一方、°FのFはファーレンハイト (ドイツ人で1724年に°Fを提唱) のFで、中国読みで fa に近い華氏 (かし) と呼び、ドイツの自宅で一番寒かった気温を0°Fとし、自分の体温を100°Fとして、その間を180等分した (12進法だ)

これを聞いただけでも華氏(°F)なんて根拠があいまいなので、日本を含め世界中の国々はメートル法と同様に温度単位を摂氏 (°C) に批准した

しかし、メートル法のいきさつの時も以前このブログで書いたが、お馬鹿な米国だけが批准しなかった(ヤード ポンド法を未だに使っている)ように、この摂氏 (℃) も同様、米国は華氏を支持し世界に協調しなかった

その理由が、これまた笑える。世の中の気温はおおむね、0°F (-17,8°c) ~100°F (37,8°c) の中に納まるし気温中心の方が、分かりやすいじゃんって事らしい

要するに、温度より気温を優先して水が何度で凍り沸騰するかは後回しって考え方なのだ

華氏(°F)だとこんな感覚で慣れ親しんでるので摂氏(℃)にはしたくないらしい

~10°F台  厚い霜が降りる
20°F台   薄い霜が降りる
30°F台   寒い。氷点に近い
40°F台   寒い。厚い衣服が必要
50°F台   涼しい。適度な厚さの衣服で十分
60°F台   温かい。薄手の衣服が必要
70°F台   適度に暑い。夏服が必要
80°F台   暑いが耐えられる。少なめな衣服
90°F台   とても暑い。過熱に対する予防処置が必要
100°F台  危険なほど暑い

真ん中辺りの50~70°Fが過しやすく0°Fは極寒100°Fは猛暑って事

正確には100°Fは何故か羊の肛門の中の温度で人の平体温は98、6°Fで100°Fだと熱がある事になるらしい

それにしても羊のケツの中の温度を100°F?ますます怪しく根拠が悪すぎる

米国はいろんな事で世界一だが、お馬鹿なとこも世界一だ!

ヤード・ポンド・華氏等 (長さ,重さ.温度の単位) や面倒なチップ制度がまだ有ることなど、何で米国は世界と協調できないんだろう?

世界のリーダー、世界の警察、世界の審判なのだと勘違いしているのも何故?

(世界では他にジャマイカ イギリスもファーレンハイト度を使用している)

そうは言うものの個人的にはアメリカは大好きだ




今冬もここに来て、インフルエンザが猛威を奮っている。帰ったら、うがい&手洗い忘れずに





PS.
ヤァァ~ 20数年ぶりにスキーに行ってきた

RIMG0744.jpg
(岐阜県にあるウイングヒルズ白鳥 山頂にて)

膝ガクガクなれど、体が覚えれおり、それなりにチャンと滑れた自分を褒めてあげよう!

今やゲレンデではボード以外はロッカースキー(ロッキングチェアーが語源の150Cm位のショートスキー)が主流で以前のスキー板はまったく見なかった 

(私もスキー行きに当たり今後も行くかどうか分からなかったので、近所のセカンドストリートでロッカースキーとブーツ&ポールを中古で購入したが総予算は¥8000で揃えれた)

(駐車場には三重県ナンバーのセレンゲティがキャンパー泊してたのは嬉しかった)





2016-02-18 :

高速道路の料金って ?! ・・・   497話

 前回のブログで新東名高速の開通により名古屋~東京間が10Kmほど短くなったって書いたよね

 それって、便利にはなったけどその分だけ高速料金が安くならないとおかしいよね

 そこで高速道路の料金をどのように算出しているか調べてみた

JH管轄の高速道路は、原則として全国一律の基準で算出される。その基準とは、次のとおりである

( 単価(円/Km) × 距離(Km) ) + ターミナルチャージ(円)

単価は、普通車の場合、24.60円/Kmである。中型車は1.2倍、大型車は1.65倍、特大車は2.75倍になる。逆に軽自動車等は0.8倍だ

ターミナルチャージは、インターチェンジや料金所の利用料に相当するもので、これは車種を問わず、一律150円となっている

この式で算出された額に1.05を掛けて、消費税込みの金額を求める。これを更に24捨25入して、50円単位の金額に丸めたものが、利用者が支払うべき通行料(税込み)となる

一律の様だが実は長距離逓減制 という料金制度もある

基本ルールのままだと、長距離を利用した場合、通行料が著しく高くなってしまう

そこで、100Kmを超え200Kmまでの部分は25%、200Kmを超える部分は30%の割引がある。長距離利用者に対して、距離あたりの"単価"を割り引く制度は一般的なもので、旧国鉄の制度をそのまま引き継いだJRの運賃にも同様なルールがある

そのほかにも特別料金制度がある

以上のルールだけでは説明できない料金の区間が存在するのだ。じつは、全国一律の単価が適用されない区間があるのだ

まず最初は、"特別区間"と呼ばれる特定IC間である。全国に3か所存在する

名 称 区 間 "単価"(普通車)

関門特別区間 下関IC - 門司港IC 64.00円/Km
恵那山特別区間 園原IC - 中津川IC 39.36円/Km
関越特別区間 水上IC - 湯沢IC 39.36円/Km

全国の高速道路地図が多少なりとも頭に入っている方なら、この表を見てピンと来るものがあったと思う

下関IC-門司港IC間には、1973年に完成した関門橋がある。長さ1,068mのつり橋で、完成当時は東洋一の規模を誇った。関門トンネルと共に本州と九州を結ぶ自動車交通上の重責を担っている

園原IC-中津川IC間には、1975年に開通した恵那山トンネル(8,489m)がある

水上IC-湯沢IC間はもちろん関越トンネルである。1985年に完成した下り線用は10,926m、1991年完成の上り線用は11,055mあって、目下、道路トンネルとしては日本最長である

これらの区間(長大橋や長大トンネル)は、建設に特別高い経費がかかった事と、受益が大きいことなどを考慮して、距離あたりの通行料の"単価"が割り増しになっている

最後は、"大都市近郊区間"って名のふっかけ料金をとっている区間も有り

ETC関連の割り引きルールの中で登場した名前だが、じつは下表に示す大都市近郊区間では、通行料の"単価"が2割増しになっているのだ(29.52円/Km)

(首都圏) (近畿圏)
川口IC - 加須IC
練馬IC - 東松山IC
三郷IC - 谷田部IC
湾岸市川IC - 成田IC
成田IC - 新空港IC
東京IC - 厚木IC 大津IC - 西宮IC
中国吹田IC - 西宮北IC

JHによれば、用地買収に格段のコストがかかったこと、受益が大きいことなどを考慮して、このような仕組みになっているのだという

このように説明していくと今回の距離が短くなっても、その事により受益が増える事を理由に料金は据え置きのままなんだな

そこでピン!ときた。値下げを指摘される前にJHが同時にわざわざ受益金額を算出し発表した理由がそこにあったのだ。要するにこの区間も「大都市近郊区間」の特別料金が適用されたという事になるんだろうな






PS.

このトイレマークのポーズが妙にリアルすぎない?

キャプチャ キャプチャ






2016-02-15 :

名古屋を拠点とする私たち(弊社)には大変な朗報  496話

万歳! 新東名高速道路の豊田東(愛知県豊田市)-浜松いなさ(浜松市)ジャンクション間の55キロが今月13日、 開通した。豊田東-御殿場(静岡県御殿場市)JCT間の200キロがつながったのだ

これにより並行して走る東名高速道路の バイパスができ、愛知県三河地方で慢性的に発生している渋滞の緩和が期待される

キャプチャ

御殿場-豊田 JCT間は東名だと215キロあるが、新東名は10キロ短いので燃料が節約でき、 東名に比べてカーブも坂道も緩やかなので運転しやすいという

東名の三ケ日(浜松市)-豊田JCT間は一日平均9万1000台が利用している。開通2年目の来年には5万4000台に減り、 新東名の浜松いなさ-豊田東JCT間を4万4000台が利用して分散すると予測する

3時間かかっていた 御殿場-豊田JCTの所要時間は、渋滞緩和などで2時間ほどに短くなる見込みらしい

中日本高速試算によると、渋滞緩和で年間10億円の損失解消。 豊田東-浜松いなさJCT間の開通により、並走する東名高速道路の区間で、渋滞による年間10億5000万円の経済損失が解消される事を発表

今回の開通区間に並走する東名道の三ケ日-豊田両JCT間は、音羽蒲郡IC付近を中心に年間600回の渋滞が起きていた区間

同社はこれまで「渋滞が8割減る」との見通しを公表していたが、具体的な損失削減額の算定は初めてで、 ドライバーが渋滞解消で短くなった走行時間を別の労働や余暇に使い、車両も他の生産活動に活用できると想定

乗用車が1分40円、トラックなど貨物車が64円の時間価値があると仮定し、新東名開通による渋滞減少と同区間を走る車両の割合などを基に割り出した

何を根拠に乗用車は1時間2400円なのか分からないが節約になるのは間違いなさそうなので大感謝だ!



PS.

私なりの考察で「内緒」だが,今回の東名高速の200Kmにも及ぶバイパスの目的、実は国も中日本高速も黙って言わないが渋滞緩和もあるが一番は津波対策だと私は考える

何故そう考えるかと言うと、従来の東名高速道路だが御殿場の先も豊田の先も内陸なので並走させてないからだ

ほとんどが海沿いの従来の東名高速は東海沖地震が起きたら、いちころで東西の日本の大動脈が新幹線を含めて断ち切られ、そうなれば日本経済は復帰に10年以上は掛かりまさに「日本沈没」の回避対策とも思われるので、今回の完成は間に合って良かった

着工されているリニア新幹線も実はこれと同じ東海沖地震対策だ。なので共に高度のある山の上の陸地に敷設しているのだ






2016-02-09 :

バスタオルを毎回使用ごとに洗濯している人は読まなくていい情報  495話

 各家庭にもよるが、夏に比べて汗のかかない冬のこの時期は洗濯回数が減る

 それにより、バスタオルを三日位使い続ける事って無い?私の場合,最近Amazonのタイムセールで購入した今治産バスタオルが気に入りそればかり使ってる

キャプチャ

週2回位の洗濯だと、使用後それを洗濯する事無く3回位使っていたが、それがとんでもない事だと知った

雑巾よりも汚い!使用後のバスタオルは雑菌だらけ

アンケートサイトのみんなの声によると、バスタオルを毎日交換する人は4割以下で、1週間以上同じバスタオルを使い続ける人は10%以上もいるそうだ

しかしバスタオルは1回使って部屋干ししただけでは雑菌数が洗濯後の100倍、3日目で雑巾並み、1週間で細菌が100億以上になるといわれている。そこでバスタオルの雑菌事情と、肌触りの良いバスタオルを維持する方法を調べてみた

バスタオルを交換する頻度は様々で、特に理由もなく「家がそうしていたから」ということで、生活習慣として使い回している人も多いと思う (まさに私)。しかし、ある研究結果によると1日使って部屋干ししただけで、バスタオルの雑菌は洗濯直後の100倍になり、3日目ではさらに雑菌が増え、雑巾並みのニオイを発していたそうだ

この時点で、できれば肌にも触れたくないところですが、さらにこのまま1週間洗濯せずに使い続けると、バスタオルで繁殖した細菌の数は、なんと100億以上! これは排水溝の菌と同じレベルだ

これだけ菌が沢山ついているバスタオルは、そのまま使っていたら大変なことに…となりそうだが、実際は人の肌は角質などで守られているため、すぐに病気になると言うことはないそうなので大騒ぎする必要はない

そこで雑菌を防ぐためには、毎日洗うのが理想だが、そうもいかない場合でも2日に1回は必ず洗うようにしたほうが良さそうだ。その際は、1日目の使用後はタオルを振って風通しの良いところで乾かし、2日目の使用後に洗うというのが現実的

しかしバスタオルは洗えば洗うほど傷んでごわごわになってしまうのも事実。洗い方と干し方に気をつけてバスタオルを長持ちさせた。それには、まず洗うときは洗濯機に詰め込みすぎず、たっぷりの水で洗う。柔軟剤を適量入れ、また洗剤の入れすぎは洗濯槽の裏側に洗剤カスとして残ってしまい、雑菌の温床となる。そして干すときは上下に20回、しっかり振ると繊維の毛足が整って、乾いてからもふんわりとした肌触りになるそうなのでやってみよう

高級と言われる今治産バスタオル。確かに以前使ってた中国産だと思われるバスタオルに比べると吸水性が高く、いちど拭くだけで水分を吸収してくれて気持ちが良い。今後はこの事を知ったのでタオルを雑巾状態にせず、気持ちの良い湯上り生活を心がけたい




PS.
先回のこの地図の図形の間違い探し

キャプチャ










正解は四国の図形がオーストラリアの図形だった

キャプチャキャプチャ
 





2016-02-04 :

ありがとう! センテンス スプリング   494話

今年に入ってから驚く記事の掲載を連発する文芸春秋。何故この週刊誌だけが他誌を差しおいてこれほどスッパ抜きができるのか?

1959年4月創刊。日本の出版社系週刊誌では1956年創刊の週刊新潮(新潮社)と並ぶ老舗。「新聞・テレビが書かない記事」を書く週刊誌というスタンスをとってきた

2007年上期には約52万部、2008年上期には約50万部に落ち込むものの、タブロイド化を目指したことで総合週刊誌の実売部数では2004年上期から現在に至る10期連続でトップ



文春無双!週刊文春がスクープ連発する3つの利点

週刊文春の独走が止まらない。先週号に限っても、甘利明大臣賄賂疑惑の実名告発、ジャニーズ首脳実名告白、ゲス&ベッキー書き込みのスッパ抜き、と独自スクープ3連発だ。 そして今回の清原元選手の覚醒剤容疑も2014年3月にスッパ抜き記事を掲載している



利点その1 抜群の取材力

週刊文春は、反響の大きそうなネタの場合、5~10人ほどのチームを組み、時間をかけ入念に取材を進めるかたちをとるそうだ。これは他誌には経済的に絶対まねのできない予算を使っている

一般週刊誌で10年以上発行部数トップを独走し、この出版不況の中唯一潤沢な取材費を確保できている文春ならではの編成なのだ



利点その2 他誌の追随を許さない圧倒的な「たれ込み」件数

文春には毎日のように内部リーク、いわゆる「たれ込み」情報がもたらされている。今週号の3大スクープにしても、甘利明大臣の件とベッキーの件は間違いなく「たれ込み」情報だ

たれ込みが多いには二つの利点がある

文春はその豊富な資金力によって他誌に比べて情報提供に対する返礼が割高なのだ。もちろん情報の希少性や時事性などでマージンは時価なのだが、独占スクープの場合などでは高額の情報料が支払われることは業界では知れ渡っている

そして文春に他の追随を許さない圧倒的な「たれ込み」数があるもうひとつの理由はその影響力だ

たれ込む側からしてみれば、もし一誌に独占スクープさせるとしたら、間違いなく影響力のある発行部数一位の週刊文春を選択するだろう

単に金銭ではなく少なからずの「たれ込み」情報は、その伏せられた事実を世に知らしめることでターゲットの人物にダメージを与えることを目的にしていることが多いからだ



利点その3 記者クラブに加盟してない出版系の強み

そして週刊文春の最大の強みは、なんといっても日本記者クラブに加盟していないことにある。今回の甘利明大臣賄賂疑惑の実名告発スクープ記事も、間違っても新聞社系の週刊朝日やサンデー毎日には掲載されることは不可能だっただろう

文春だけではないが、出版系週刊誌のすべてが日本記者クラブには加盟していない。正確に言えば、加盟したくても、朝日新聞に代表される既存マスメディアから加入を拒否されているのだ

従って、週刊文春に代表される出版系週刊誌は、権力に迎合することなく 、政治家のスキャンダルをスッパ抜くことに、なんの躊躇もなく、実践していくことができるのだ

特に週刊文春の発行元の文藝春秋は、その長い歴史の中で、保守系ではありながら、ときの権力者に対して絶えず厳しく対峙することをモットーとしてきた

1974年10月9日に発売された雑誌「文藝春秋」11月号で田中角栄に関する特集が組まれた

立花隆の「田中角栄研究―その金脈と人脈」は1969年から1970年にかけて田中ファミリー企業群が信濃川河川敷における約4億円で買収した土地が直後に建設省の工事によって時価数百億円となった信濃川河川敷問題等の資産形成を暴いた

やがてロッキード事件として田中逮捕へとつながるこの歴史的スクープも文藝春秋がもたらした

ここいらを考察すると文春は日本の世の中に社会貢献し「正義の味方」の様に見えなくもない

しかし、本当に社会貢献しているのかな?って疑ってかかるとどうだろう

甘利大臣の賄賂問題はこれからの日本の経済にとって大きく関わるTTP加入の立役者が、ここに来ての降板は日本の社会(経済)が信用を失い今後にとって間違いなく大きなマイナス要因だ。(ここでの文春のスッパ抜き記事は世界から日本の信頼を落としめた結果となる)

ゲス&ベッキーのスクープだってどうだろう。この二人は日本の法律には抵触してない。むしろゲスの奥さん達による盗聴は犯罪だ!それにそうだからといって、こんな事はそこいらに幾らでもころがってる「文化」でもあるただの不倫事だ。騒ぐな!

ジャニーズ事務所が、どうした、こうしたなんて興味もないし、あの「ビートルズ」ですら解散している。いい年した大人がいつまでも群れている事自体の方が気持ち悪い

清原元選手だって有名人だからといって2年近くも尾行され嗅ぎまわられ今回の逮捕。これが一般人だったら捕まってないだろう。要は有名人はスケープゴッドにされるのだ。いけない事だが「覚醒剤の吸引」は家族なんかは別として被害者はいない。あえて言うと当人が被害者なのだ

こんな事で大騒ぎしている日本人は、食糧問題、難民問題、宗教&民族問題等もっと大きな不幸と不安に接している世界の人々からすると「極楽とんぼ」としか言えない民族になり果ててしまったのか

しかし、それも言いかえれば「平和ボケ」で、もしかしたら幸せって事になるのかな~




PS.

始まりはゲス

そう言えば、こんなスクープの以前にマイナンバーのTV会見で甘利大臣が替え歌でゲスの「私以外私じゃないの」 何んて歌ってたが、この事が、ゲスの始まり。これさえしなければ不幸な事件はなかったカモ? 不幸の始まりはゲスにあり。甘利大臣選曲ミス






2016-01-28 :

食材の豊富なスーパーでランチを買いたい!でも・・・ 493話

 昼のお弁当を買う時や、のどが渇いたので何かドリンクでも買おうとした時などに、近くのスーパーより多少遠くてもコンビニへ行ってしまう事ってない?

 その理由はスーパーのレジは近所の主婦のカゴいっぱいの買い物で長い時間待たされるのが想像できるからだ

キャプチャ

自分の買い物はお弁当とドリンクの二点だけだが、その前にはいっぱいの買い物をする人たちが並んでいると自分の番まであと何分?って考えるだけで嫌になってしまう

そこで提案! スーパーには「少数買い専用レジ」ってものを設けてほしい。そうすればもっとお弁当等が売れるようになって売り上げアップ間違いなし! そんなシステムのスーパーが近くにあれば我々もランチを買いに行く事にもなるだろう

既にアメリカのスーパーやドラッグストアー等には10点以下の買い物専用レジがある

是非、日本のスーパー等にも、これを見習ってほしいものだ

ついでだが、アメリカのスーパーマーケットでは、クレジットカード決済も自分でする。手元にある機械に自分でクレジットカードをスライドさせ、その場に表示された画面にタッチペンでサインをするという手早い操作で決済完了

合理的なアメリカなら、日本だってかなり合理的な事が好きなはずだ。アメリカでは赤信号なのに右折可能な交通ルール(日本で例えると赤信号でも車が来なければ左折だけは可)はまだしも、合理的な買い物ルールはぜひ導入を検討してほしい




PS.
又もフジTVがやらかしたドジ
何かの番組で使った日本地図。 これの間違いを気付いた人って相当の地図マニア?
因みに皆さんはこの地図の間違いが分かるかな?

キャプチャ

正解は次回に




2016-01-24 :

天気予報で「明日は雪かも?」で予行練習してみた 492話

 今年一番の寒波が今週末から月曜にかけて到来するらしい。それに伴い西日本には雪が!

 冬タイヤを持ち合わせていない私はあわててAmazonにてタイヤチェーンを探したところ金属ではなくファブリック製の「スノーテックス」という製品を見つけた

調べてみると実に夏タイヤにそれを被せるだけで、なな何と雪道走行が可能になるという優れものらしいのだ。価格も1万円の物が4千円の60%OFFだったので迷わず「ポッチ」

Amazon のカスタマーレビューでは先日の東京の10cm位の積雪時には問題なしと書かれていたのも購入動機の一つだった

そこで雪が降っても慌てぬように事前に装着練習をしてみた

それを、簡単に紹介しよう

RIMG0714_201601241705140fe.jpg



サイズは30cmのバッグ収まり500g位の物で、金属製の物と比べたら、その簡便さはインスタントタイヤチェーンだ

RIMG0715.jpg RIMG0718.jpg

バッグの中身はこんな黒いメッシュ タイベルト だ!

それを、先ずタイヤ上半分に被せる。その後車に乗り込みタイヤ半開店分だけ前進させ残り半分を被せ終了

RIMG0716.jpg RIMG0717.jpg

さァ!  雪よこい! 準備ばんたんだ!


カモン!  雪よ降れ!




PS.
(内心)・・・・本当にこんな薄っぺらい布っきれ1枚で、オッと左右なので2枚で大丈夫なのかな?





↑トップへ戻る