FC2ブログ
  • RecVee
  • FUNLUCE
  • CCL通信
  • くるま旅
  • JRVA
  • RVPARK
  • 道の駅
  • スーパー銭湯全国検索
  • 全国オートキャンプ場ガイド
-------- :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-29 :

これって有り?ってキャンピングカーの改善 432話

まだまだ続く我キャンピングカーの改善ブログ。今回は今まで店頭などでお客様とキャンピングカーの装備等を説明している時などにマルチルームの使い道で,よく話はしていたが自分では一度もやった事が無かった事例で、今回は自車で実行してみた改善がコレだ ↓

キャプチャ DSC06357.jpg
キャプチャ

熱帯魚の飼育に使う温度調節付きのサーモスタット水槽ヒーターだ(キャップの穴は半田ごての熱で開けた。ヒーター棒は電線より太いので隙間はゴムシートを加工して隙間を防ぐ)

以前からファンルーチェのキャブコン室内にあるマルチルームの使い方の事例として「ポータブル(カセット)トイレを設置してトイレルーム、上部にポールを取り付けハンガー掛けのワードローブとして、引き出し付きのケース等を設置してマルチ収納庫として、そして海水浴等で使うポンプ付きポリタンクに熱帯魚用 ヒーターを落とし込んで簡易シャワールームに!と裏ワザ的方法もあり、いろいろ使えますよ!」等と説明してきたが、自分ではまだこのボイラーもヒートエクスチェンジャーも使用しない簡易シャワー装置は話はしたが一度も試した事が無かった

そこで今回、自分のキャンピングカーに設置してある70Lの清水タンクにこの水槽ヒーターを取り付けてみる事にした

当然ヒーターを入れる穴などタンク上部にはない。そこで手を入れてタンク内の清掃も出来るようにと飲料水用のポリタンクの大きい方のスクリューキャップ部をジグソーで切り取り、タンクとの設置面をサンドペーパーで平らに磨いた

DSC06358.jpg DSC06359.jpg



次に、タンクの上面は結構うねっているので平らの部分を定規を当てて探し出しポリタンク口の大きさをジグソーで切り抜く

DSC06362.jpg DSC06363.jpg



切り口のバリを取り、そこへホットメルトをグルーガンで接着するのだが、このグルースティックは120℃で解けるのだが当然冷えれば硬くなり接着力も落ちる。そこで冷たいこのポリタンク口と清水タンクへの取り付け場所を同時に温める方法はと考えた末、思いついたのが厚めの手鍋をガスで空焚し熱くなったところでタンクの取り付け位置に置き、鍋の中にはポリタンク口を置けば同時に接着箇所を温める事ができた

グルーガンで一気にタンク側と口側とにホットメルトを塗り込み押し当て、同時に周りにもたっぷりとホットメルトを盛り付ける

そしてヒーター棒をタンク底面に吸盤で設置すれば先ずは完成

DSC06364.jpg DSC06366.jpg

DSC06367.jpg DSC06368.jpg


走行中等にせっかく温めた水が冷めないようにと保温シートをカットしてタンク周りを包み込めば完了

DSC06369.jpg DSC06371.jpg


グランヴィラにはトルマのLPガスボイラーが設備してあるので無駄のようだが、私の場合い飲料水としては使用していない70L清水タンクの冷水も温めておけば歯を磨いたり食器などを洗う時等いちいちボイラーを点火しなくても済むし、シャワー時の混合水栓での湯温調節時にヒヤーとする事も無くなるはずだ!



私はアンチインバーター派(エアコンや電子レンジを使用するために高価な大出力インバーターを設備しサブバッテリーを3~4個も増設する事を無駄だと考えている人)だが、いざという時用に安価な300Wの小型インバーターは取り付けてあった。ヒーターは220WなのでこれでOK!

早速、外部電源を引きこんだので壁コンセントでもいいが、テストなので、あえてここではインバーターからの出力でヒーターON。時間が掛かりそうなので70L満水にせず20L程度の水でテストしてみたが2~3時間で約30度位の水が蛇口から出てきて感激感激

DSC06406.jpg DSC06407.jpg
(そのインバーターとトルマ製ボイラーの湯温コントローラー)

最後に一言・・・安価でイージーなこの装置で水を温めるやり方は走行中オルタネーターに余裕がある時か、外部電源が取れる時しか使えない。停車中はアイドリングしてもサブバッテリーでも消費電力が大きいので使用不可が欠点かな? それともう一つ空焚きによる火災が心配なので、私の様に自己責任の下での設置ならOKだが、ビルダーや販売店では怖くて出来ない設備だと思う




PS.
今年も例年どうりこの時期だけの感激山菜。「タラの芽」と「こしあぶらの若芽」の天婦羅だ~

DSC06392.jpg







ランキングに参加中  キャンピングカーのクリックお願い!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 
できましたらコチラ  もクリックお願いします 

キャンピングカー ブログランキングへ

キャンピングカーランド ひできカンレキ+3 だより





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Secret

↑トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。