• RecVee
  • FUNLUCE
  • CCL通信
  • くるま旅
  • JRVA
  • RVPARK
  • 道の駅
  • スーパー銭湯全国検索
  • 全国オートキャンプ場ガイド
-------- :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-12-18 :

made in japan made in china をチョットだけ考察  484話

TVのnews等で中国人旅行客が日本で爆買いしているところが今年はよく報じられていた事から分かるとおり、日本製品は中国人に大人気だ。安全を求める医薬品や食料品等は別として、家電やカメラは根強い人気がある。しかし、近年は中国製品の品質や技術力も向上してきている

中国人が抱いてきた「多くの日本人は中国製が嫌いで、多くの中国人は日本製が好き」というイメージは崩壊してきている

そもそも、中国人が爆買いする商品(医薬品食品は別)の多くが実際には中国で生産されたものが多く、華為技術(ファーウェイ)、ハイアール(海爾)、レノボ(聯想)などの中国メーカーの商品は日本人にも受け入れられ、好まれている。 また、中国ブランドの高品質な製品が、「中国国内のみならず国外でも好まれ、高い評価を勝ち得てきていて多くの中国製品が日本でも認められるようになっきている

具体的な例として、日本のパソコン市場はレノボが、SIMフリーのスマートフォンではファーウェイがシェア1位となっており、家電市場でもハイアール、TCL、ハイセンスなども健闘している

しかし日本にはこれまで積み重ねてきた技術力と高い信頼性があり、中国企業が力をつけてきているとしても日本製品にはまだ簡単には負けない力がある

駄菓子菓子、だがしかし、これまでの経済成長を背景に、日本企業の事業を買収する中国企業も増えつつあることは事実で、中国企業が近年、実力を高めていることも事実だ

消費者の立場としては各企業が切磋琢磨することでその恩恵を享受できていると言えるが、一部の中国メーカーの製品が日本で存在感を示しているのは、日本製品にとってはそれだけ市場を奪われているということでもあり、警戒しなければならない

弊社の子会社である中国は大連市にある「ファンルーチェ社」においても然りである。中国人は日本人に負けないくらい手先は器用だ!チャンと教育&訓練を重ねれば製造原価を抑えつつ、日本で造る製品(キャンピングカー)と遜色のない物造りができる

(オッとここで社長からファンルーチェ社企業秘密がリーク)
「来春ファンルーチェから既存のモデルとは全く違うコンセプトのバンクベットの無いロープロファイルモデルがデビューするらしいゾ!」

だが中国生産のメリットである人件費も高くなりその効果が薄れつつあると言われているが、それでも日本人の半額以下だ

それもやがて無くなるかもしれないが、その時には中国の国内市場が狙えるかもしれない

人生はカオスだ! そして経済はもっとカオスだ!何が起きても不思議ではない時代に突入している。「直感」も大切だが、これからもより注意深く物事を見聞きして、判断をしていかなければならなく、昔に比べたら情報量とスピード感ある経営が求められる時代になってきた



PS.
続々と届くふるさと納税の「お礼の品」

RIMG0637.jpg

¥10000のふるさと納税で届く超お得な、coco壱の発祥の地である愛知県清須市のcoco壱番屋の¥3700のレトルトカレー×10の詰め合わせセット (あまりお得なのとカレー好きが高じて¥30000納税し3セットゲット)



RIMG0638.jpg RIMG0639.jpg

茨城県堺町への¥20000のふるさと納税で道の駅「さかい」から届いた物は「新玄米30kg」である

そして、くどいようだがこの¥50000の出費は来年の市民税から全額減税されるのだ!

NETで簡単!やらなきゃ損。まだ間に合う 「ふるさと納税」 






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Secret

↑トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。