FC2ブログ
  • RecVee
  • FUNLUCE
  • CCL通信
  • くるま旅
  • JRVA
  • RVPARK
  • 道の駅
  • スーパー銭湯全国検索
  • 全国オートキャンプ場ガイド
-------- :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-08-30 :

キャンピングカーの出発前点検はこれを真っ先に! 456話

くるま旅に出かける時はGスタンドに寄りタイヤの空気圧をチェックする習慣をつけたい

しかし、行きつけのGSは混んで待たされる事が多くパスしてしまう事もしばしばある

そこで、いつでもタイヤの空気圧を管理できる様にエアーコンプレッサーを購入する事にした

amazonで検索し価格が手ごろでユーザー評価の高かったコレ↓の購入ボタンをポチ! 

キャプチャ

到着後、早速愛車で空気圧チェック。音が大きく振動も多いが機能はまずまずOK

だが、電源がシガーソケットの12Vなのでバッテリー上りが心配なのと自転車等の空気入れには電源が無く使えない

因みに、我が家にはキャンピングカーが1台、乗用車が2台、自転車が3台、電動自転車が1台、カーゴトレーラーが2台、4輪バギーが2台、電動3輪車が1台有り、合計35本に及ぶタイヤの管理を強いられている事になっていたのだ!

それらの管理を、今までは自転車の空気入れかGスタンドで行っていたが、これからはもっと楽に我が家のガレージで行うために100Vでも動作できるようAC100V→DC12Vのパワーサプライを購入する事にした

電源として、コンプレサーのスペック表でDC12Vで10Aの表記なので余裕を見て15A以上の物が必要になる。まともに購入すれば1~2万円位はする物だが3千円以下の機器を動作させるために1万円出費するのは本末転倒になりかねない

そこで思いついたのがヤフオクの解体中古機器。そこで見つけたコレcosel社製pba300f-12(20400円)の物をを1900円で落札

キャプチャ キャプチャ キャプチャ

なんと12Vで27Aの高性能低価格だったのでこのさいと売りに出てた3台総て落札した

その内1台はシアタールームの床振動装置「ビートソニック12V駆動」の電源に使用
(今まで使用していた電源(パワーサプライ)は先日、煙を噴きパンクしてしまった)

早速、コンプレサーをパワーサプライに接続 ↓

RIMG0164.jpg

RIMG0165.jpg RIMG0166.jpg RIMG0167.jpg

コンプレサーの圧力計はアバウトなので右端写真の以前からあった空気圧計で最終チェック

完成後、先ほど羅列した35本のタイヤをチェック。オモチャの様なコンプレッサーだが一番高圧のキャブコン「グランヴィラ」の後輪タイヤも少なめの5,2だったのを6Kpaまで上げる事ができ合格だ
(これで2年も使えれば御の字だ)

後輪の空気圧を上げただけでふらつきが減りやはりタイヤの空気圧管理が重要だと改めて実感した

5千円の投資で、これでいつでも簡単にタイヤの空気圧の点検ができるようになった

特にキャンピングカーは車重が重く、夏場の高温時にはタイヤへの負担が大きい

高重心になりがちなキャンピングカーの前輪のタイヤバーストは大事故に繋がる可能性が高い

そしてその原因に空気圧不足が起因している事が多いので、くれぐれも注意が必要だ!





PS.
やはり、中国恐るべし・・・

キャプチャ

これって、中国式キャンピングカーなのかな~?






ランキングに参加中  キャンピングカーのクリックお願い!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 
できましたらコチラ  もクリックお願いします 

キャンピングカー ブログランキングへ

キャンピングカーランド ひできカンレキ+3 だより




トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Secret

↑トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。